日本ビジネス道徳協会ブログ

~日本の道徳観を深め、ビジネスの長期繁栄を創る~

カテゴリー: たましい

あなたのメンターとは?

みなさん

おはようございます!

吉田です。

 

先日、自分軸コースでは「メンター」についてセッションを行いました。

様々な、メンターが人生の中で登場してきたストーリを共有して

たくさんの学びがあるセッションでした

 

ちなみに、メンターとは

一般的には 仕事上、または人生の指導者、助言者(wiki)

と言われているそうです。

 

みなさんは、メンターの方はいますか?

 

いろんなビジネスの事業家や
成功哲学などでは、

 

メンターをつくるといい!

自分のステージに応じて、メンターが変わっていく!

自分が他の人のメンターになる!(与えられる人になる)

などなど、

色々な切り口で語られていますよね。

 

 

 

例えば、私にとってのメンターは

小学校のときの先生。

 

その先生は、授業中に自由に勉強したいことをしていいよ。

という反面、

人を傷つけるようなことをしたときには

5センチビンタといって

頬から5センチ離れたところからビンタされる。

という厳しい部分もありました。

 

 

今思えば、

やりたいことをとことんやろう!

でも、自分中心にしすぎるのではなく、

人は大切にしよう!ということをメリハリをつけて

教えていただいたように思います。

 

他にも、大学時代には、
JAZZドラムをプロの先生に習う事で
世の中には上の上がいる。という

計り知れない可能性を感じました。

 

社会人になったときには、

勤めていたハウスメーカーの創業者から

仕事は、楽しいもの。そして責任が伴うもの

という会社組織が存在する意味を教えていただきました。

 

今思えば、それぞれの方が、自分の成長のステージに

併せて、サポートしてくださっていたのだと思います。

本当にありがたいです。

 

 

あなたにもそういうメンターの方っていらっしゃいますよね。

 

 

もちろん、

自分にとっていい示唆を与えてくれるメンター

もいれば

反面教師になるようなメンター

もいますよね

「自分だったら、そうしない。」と心の中でつぶやいてしまう

パターンです。(笑)

 

 

でも、視点を変えてみれば、反面教師の時も

自分は、そうではない。

という立ち位置を明確にしてくれる。

大切なメンターです。

 

 

人間は、感情が動いた記憶はよく覚えていますから、

象徴的なメンターといえば、すぐに思い出すことが

できるかもしれません。

 

 

ただ、もう少し微細に物事を見てみると

どうでしょうか?

 

 

毎日の自分を観察してみると

私たちは、ある特定の、メンターの影響だけではなく、
日々の中で

いろんな人やモノに影響を受けています。

 

ブログのメッセージから影響を受けて価値観が変わった

普段の仕事の会話の中でアイディアが生まれて、視野が増えた

TVでオリンピック選手の発言を聞いて、はっとした。

電車の中で席を譲っている人を見て、自分もそうであろうと思った。

など

 

日頃の自分のものの見方、考え方を

毎日積み上げ、更新して、

今の自分が出来上がっているように思います。

 

実はメンターというと、印象的な特徴的な人やモノだけに

フォーカスされがちですが、

 

人生をもう少し微細にみていくと、

目の前に現れる人、モノは、みんな、少しずつ

小さいメッセージをあたえてくれているメンターなのではないかと

思います。

 

 

そう思い始めると

周りが楽しく見えてきます。

 

 

仕事で、仲間と話すときは、

まるで、俳優さんがセリフ付きで

演じてくれているように

自分の成長ために示唆をくれている。

と思うようになります。

 

 

それは、

ほめられるときも

叱られるときも

笑顔で話をしてくれるときも

いつも感じるようになります。

 

たとえ、

セリフがなくても、

 

空を見上げれば、

今日も変わらず地球が

あり続けていること

道端に彩をそえている花

電車の中で抱っこされた赤ちゃんの笑顔

広告の中のメッセージ

など

 

最終的に目の前に見ているもの感じているもの、

みんなメンターでは?

と思っている今日この頃です。

 

あなたは、今日、どんなメンターを見つけますか?

 

■自分軸コース

東京 体験会 7月25日 19:30~21:30(渋谷)

大阪 体験会 7月1日 15:00~16:30(吹田)

大阪 体験会 8月5日 11:00~12:30(吹田)

お申込みはこちらから

http://www.jibunjiku.nihon-biz-doutoku.or.jp/

 

 

思考の終わり方

みなさん

 

おはようございます!
吉田です。

 

突然ですが、

みなさんは、

「奇跡のレッスン」

という番組はご存知でしょうか?

 

 

世界トップクラスの指導者が

日本の子どもたちに1週間指導して、

その子供たちの変化を

ドキュメンタリーにした番組です。

http://www4.nhk.or.jp/wonderlesson/

 

 

先日、タイガーウッズを幼少期から指導してきた、

ルディ・デュランさんが、

公立中学のゴルフ部で、1週間指導を行った様子が

番組になっていました。

 

 

普段、部下育成などのコーチもさせていただいているので

このような番組は大好きです(笑)

 

 

色々なすばらしい指導ポイントがあったのですが、

1つ印象に残ったのが、

 

【いい記憶のライブラリー】

 

という小さいノートに

うまくいったことだけを書くというワークです。

 

 

普段、自分の悪い所だけに

目が向きがちだった子どもたちが、

1週間をかけて少しずつ

自分のよいところに目を向け、

自信をつけていく姿が映し出されていました。

 

自分のダメなところしか見つからなかった子も

【ダメなところ+改善点】

という形で、ノートにかくことで、

徐々にいい所に目を向け始めていきます。

 

そして、最終的には、たった1週間で、

1打1打に、変化が見え始め、

ショットの精度が上がる

スコアが良くなる

という結果につながっていきます。

 

 

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

たくさんの要因があるとは思いますが、

個人的には、下記のようなプロセスを

たどった結果が大きな要因なように思います。

 

 

1.自分がいいショットを打てた印象を持つ

2.次もいいショットが打てるイメージができる

3.そのイメージが現実化する。

というプロセスです。

 

以前、パラレルワールドの話をしましたが、

自分がどのようなイメージを持つかで、

少し先の未来が創られていきます。

<参考>
http://nihon-biz-doutoku.or.jp/blog/2017/04/24/パラレルワールドとは?/

 

 

ルディさんは、番組の中で、

 

「自分のショットがよかった」

 

というイメージが持てているかどうかを大切にしていました。

 

カップに近づいたか、カップに入ったのか?

という結果だけではなく、

 

カップに近づかなったとしても、

力を抜いて打つ。

このクラブで半分の力で打つ。

など、自分の決めたイメージ通り

できたのか。

 

そういう意味で、まあまあよかった。

と自分の行動を否定しないことで、

どんなプレーでも

よいイメージを創っていました。

 

 

2006年に話題になった

「ザ・シークレット」

などで示されているように、

 

【思考は現実化する】といわれています。

 

ここで大切なのは、思考が終わった時の

イメージです。

 

よいイメージを持つとよいイメージが現実化する

悪いイメージを持つと悪いイメージが現実化する

 

どちらも、イメージしたこと思考したことが

現実化していきます。

 

自分の潜在意識の中にある、

ネガティブに意識が向くのか

ポジティブに意識が向くのか

で、未来に引き寄せる状態が変わってくるわけです。

 

潜在意識の中にも陰陽とよばれるように

ポジティブもネガティブも存在していますし、

その存在があるからこそバランスが取れています。

 

ですので、潜在意識の中の

どこに意識を向けるかが

大切になってきます。

 

 

では、この思考法をゴルフではなく、

ビジネスで捉えるとどうでしょうか?

 

 

ルディーさんのやり方を応用するのであれば、

自分の仕事ぶりでどんないいところがあるかを

書いてみるといいかもしれません。

 

 

仕事の中でちょっとでもいいことがあれば、

その記憶をノートに書く

 

営業の仕事であれば、

契約がとれた。

とれなかった。

という結果だけで判断するのではなく、

 

 

そのプロセスに注目します。

そもそもアポイントで電話がつながった。

お客様に合って、ニーズがきけた。

見積もりを受け取ってくれた。

など

 

結果の前のプロセスを

まずは、良かったとすることで

自分の行動をポジティブなイメージで

終わらせることができます。

 

もし、それが最終的に結果につながらなかったとしたら

【ダメなところ+改善点】としてノートに書いておくと

その経験がポジティブな思考で終わり、

結果、よりよい行動、よりよい未来に

つながってきます。

 

ポジティブなマインドセットを繰り返すことで

仕事の質が上がり、行動量が増え

よりよい結果に繋がってくるのかもしれませんね。

 

ルディーさんから

【思考の大切さ】を

改めて教えて頂いたように思います。

 

今日も素敵な1日を♪

 

 

<<自分軸コースのご案内はこちら>>

7月から東京クラス
はじまります。
http://www.jibunjiku.nihon-biz-doutoku.or.jp/

 

 

 

 

 

パラレルワールドとは?

みなさま

おはようございます!

 

今日のテーマは、

パラレルワールドです。

 

パラレルワールドとは、

同時進行で進んでる別の世界(時空)

といわれているようです。

 

 

昨年大ヒットした映画の

「君の名は」

でも話題になりましたよね。

 

 

 

私は、物理の世界は詳しくわかりませんが

量子物理学的にも検証されている分野の

ようです。

 

 

個人的な体験ですと

パラレルワールドとは、

日々創造している世界だと思います。

 

例えば、仕事の打ち合わせで、

 

もし、ここで、やってください。と

はっきり言ってしまったら怒らせてしまうなぁ。

 

もし、ここで、きっぱり断ったら

嫌な人にうつってしまうかもなぁ。

 

もし、ここで、決断すれば、

新しい出会いが広がっていくかもなぁ

 

 

って、

軽く未来を創造していたりしますよね。

これって、選択肢の数だけ

ほぼ同時に未来を描いているので、
パラレルワールドなんだなと思います。

 

そうやって考えると、

日々の生活の中で

自分が思い浮かべる選択肢の数だけ

パラレルワールドが存在している

わけです。

 

 

では、

自分の人生をより豊かなものにしていくためには、

どんなパラレルワールドを選択していくのが

よいのでしょうか?

 

 

私自身が意識していることは2つです。

 

それは、

描く未来が

 

ワクワクするか

心地よいのか

 

ということ。

この2点で描くワールドを

選択するようにしています。

 

 

 

先日、ある組織のリーダーから相談がありました。

 

Aさん:「コアメンバーの中に、組織を疲弊させていく

メンバーがいるんです。

いつも周りのせいばかりにしているので、

周りを否定して、部下を疲弊させていくんですよね。」

 

私:「そうなんですねぇ。
そのままほっておくとどうなるんですか?」

 

Aさん:「うーん、だんだん組織が悪くなってくるでしょうね。」

 

私:「なるほど、ちなみに、今まで、
そのことを本人に伝えたことはありますか?」

 

Aさん:「えーないですよ。

もし、そんなこといったら、怒りだしちゃいますよ。」

 

私:「でも、伝えたことないのですよね。」

 

Aさん:「まぁ、そうですけど・・」

 

私:「じゃあ、違う未来を描きましょうよ。

もし、伝えることで、よりよい関係性を

築けるとしたら、どんな伝え方があると思いますか?

本当は、どう伝えるのがAさんにとって心地よいですか?

または、ワクワクしますか?」

 

Aさん:「えーー、ワクワクなんてしませんよ(笑)」

 

私:「じゃあ、どちらかというと心地よくしていくためには?」

 

Aさん:「そうですね。。。。。。

心地よく。。。。。。。

んんん。。。。。。。。

もし、自分だったら、

あなたのスタンスも分かるよって、理解してもらえたら

歩み寄ってみようって思うかもですね。」

 

私:「それから、それから?」

 

Aさん:「んん、歩み寄れたら、何かは変わる気がします。」

 

私:「それって、具体的に何が変わっていくんですか?」

 

Aさん:「んん、ちょっとは、話しやすくなるとか。ですかね。」

 

私:「言わないままのAさんと、寄り添うAさん
どっちの方が心地よいですか?
けっして、無理に寄り添う必要もないと思うのですが・・」

 

Aさん:「んんん、長い目で見ると、寄り添っていったほうが
いいですね。

たしかに、直接伝えるという事を
やってみたことはないので、どんな反応になるか
試してみたいところはあります。」

 

私:「では、ぜひぜひやってみください♪
ちょっと勇気がいるかもですが・・」

 

Aさん:「そうですね。勇気いりますね。
でも、わかるよ。って伝えるだけであれば
やってみようかなと思います。」

私:「そうですか。では、是非やってみてください。」

Aさん:「ありがとうございました!」

 

私たちは、こんな感じで、日々、

パラレルワールドを創造しながら

生きているのではないかと思います。

 

不安の先にあるワールドを選ぶのか、

ワクワクや心地よさのワールドを選ぶのか

それは、私たち自身の選択にゆだねられています。

 

そして、その中でも

ワクワクや心地よいというワールドを

選ぶのは、ちょっと勇気のいることかも

しれません。

 

なんせやったことがないものもありますから。

 

ただ、この日々の積み重ねが

可能性しかない未来

を創るのではないかなぁと思います。

 

あなたは、

今日どんなパラレルワールドを描きますか?

 

一緒に輝かしいワールドを描いていきましょう!!

今日も素敵な1日を♪

じぶん大学 年4回の特別コース

大和会~感性と季節~

4月28日19時~

http://jibundaigaku-yamato.strikingly.com/

 

 

旧正月について

こんにちは!

事務局の眞田です。

 

先日お正月を過ごしたばかりですが、

「旧正月」について今回はお話をしたいと思います。

 

現在、暦の数え方は、

グレオリ暦(太陽暦)というもので数えられておりますが、

昔は月の満ち欠けを基準とした、太陰暦を使用していました。

 

太陰暦の歴史は古く、

太陰暦によって季節の移り変わりや種まきの時期が決められていたので、

農耕は太陰暦で見る方がわかりやすいと言われております。

 

 

さて、お正月ですが、

太陽暦では1月1日がお正月ですが、

太陰暦では、ちょっと違います。

 

日本ではよく「旧正月」と言われるものが、

太陰暦のお正月となります。

 

いつ頃になるのかというと、

立春前後の朔日(新月)となります。

 

2017年は1月28日となります。

 

新月は月の満ち欠けから見てもわかるように、

「新しいスタート」がキーワードとなる時です。

 

旧暦では、月の満ち欠けを暦としてましたので、

新月から新たな1年の暦が始まるというのは、

とても自然の流れに沿ったことだと私自身は思っております。

 

自然と調和をした生き方は、

現代社会で難しいと思われるかもしれませんが、

月の満ち欠け、新月や満月だけでもいいので意識してみると、

本来の自然のサイクル、エネルギーの使い方が見えてきます。

 

是非、2017年は、

旧正月を意識してみてはいかがでしょうか?

 

________________

ビジネス道徳協会の開催イベント

【ビジネス道徳体験会】
老舗の数が世界一の日本!
その秘密は日本が大切に育んできた道徳観!
どのようにその道徳観をビジネスに反映させていくのか体験しよう!

東京開催

https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform1.htm

大阪開催

https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform11.htm

 

【コーチングスキル講座】(大阪)

https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform12.htm

 

【強み100セミナー】

https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform5.htm

 

 

 

 

 

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!

ビジネス道徳から新年のご挨拶を申し上げます!

 

 

去年一年、皆様のお蔭様で素晴らしい一年となりました。

今年もますますの素晴らしき日々を皆さまと過ごしていけるのを

今から楽しみにしております。

 

ご縁をいただけた皆さまに、

今年さらなる幸福と調和・循環が訪れますことを祈っております!

20170101061655

 

お正月についての小ネタ。

お正月とは、家に歳神様を迎え入れる行事です。

 

歳神様とは一年の初めにやってきて、

その年の作物が豊かに実るように、家族が元気に過ごせるように、

約束をしてくれる神様です。

 

そんな歳神様を感謝の心でお迎えするための準備が、

しめ飾り・門松・鏡餅などです。

 

この歳神様、

実はご先祖様の一つのお姿として考えられています。

祖霊が春になれば「田の神」に、

秋が終われば「山の神」に、

そして、正月には「歳神」となって、

子孫の繁栄を見守ってくれると考えられています。

 

なんとも日本人らしい、素敵な考え方ですね。

 

今年はエネルギー的に、

日本の時代がいよいよ開幕です。

 

日本ビジネス道徳協会では、

今年もさらに深く、

日本人が大切にしてきた、

道徳観・自然との調和、循環の在り方を、

伝えていきたいと思います!

 

 

________________

ビジネス道徳協会の開催イベント

【ビジネス道徳体験会】
老舗の数が世界一の日本!
その秘密は日本が大切に育んできた道徳観!
どのようにその道徳観をビジネスに反映させていくのか体験しよう!

東京開催

https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform1.htm

大阪開催

https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform11.htm

 

【宇宙のお話会&瞑想会】

エネルギーや言霊、たましい・宇宙について学んでみよう!

目覚めをテーマに宇宙の仕組みを公開します!

https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform4.htm

 

【コーチングスキル講座】(大阪)

https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform12.htm

 

「いただきます」という祈りの言霊

こんにちは!

事務局の真田です。

 

日本は言霊文化が本来あり、

言霊の力を使うことが得意な民族です。

 

今回は、食事をいただくときの、

「いただきます」と言う言葉に注目したいと思います。

food-1406883_640

 

「いただきます」というのは、実は略語となっており、

「天地(あまつち)の恵み 箸を高く捧げて いただきます。」

と言うのが正式な言い方です。

 

箸を高く捧げてという部分ですが、

「箸」は、「橋」と「端」という意味が含まれています。

 

神様と人をつなぐ「橋渡し」の役割と、

 

「端」は両端をさし、

口を運ぶ端を人が、もう一方を神様が使うと言われています。

つまり、お箸は実は神具なのです。

 

「いただく」は、

そのまま「頂く」ということで、

神様から頂いた天と地の恵みを、

箸を高く捧げることで神様と人を繋ぎ、

神様から人へ「頂く」ということになります。

 

簡単にいいますと、

神様がくださった天と地の恵み、

そして、それらを育て作ってくださった方、

運んでくださった方へ感謝を込めて、

「頂く」という気持ちを表しているのです。

 

何気なく「いただきまーす!」と言っていますが、

昔の日本人はこのような祈りを込めていたのです。

 

また、日本人は言霊を使う民族なので、

とくに言霊の影響に敏感です。

 

わたしのオススメは、

食事をする際の「いただきます」の感謝の祈りに加えて、

「これらは私にとって良いエネルギーとなり循環します。」

というような、

自分にとってシックリとくる言葉を添えて

食事をいただくと、

言霊の力でそのように動くような働きをしてくれます。

 

 

食事をするときの「いただきます」という祈りの言霊。

ぜひ注目してみてください♪

 

 

________________

ビジネス道徳協会の開催イベント

【やりたいこと100セミナー】
今年も残すところわずか、、、
来年はどんな年にしたいでしょうか?
やりたいことはなんでしょうか?
やりたいこと100個見つけて、来年はどんどん夢を叶えちゃおう!
https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform6.htm

 

【ビジネス道徳体験会】
老舗の数が世界一の日本!
その秘密は日本が大切に育んできた道徳観!
どのようにその道徳観をビジネスに反映させていくのか体験しよう!

東京開催
https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform1.htm

大阪開催
https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform11.htm

 

【宇宙のお話会&瞑想会】

エネルギーや言霊、たましい・宇宙について学んでみよう!

目覚めをテーマに宇宙の仕組みを公開します!

 

https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform4.htm

 

【コーチングスキル講座】(大阪)

https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform12.htm

 

 

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén