日本ビジネス道徳協会ブログ

~日本の道徳観を深め、ビジネスの長期繁栄を創る~

カテゴリー: こころ (1ページ / 2ページ)

〇〇に最善を尽くす

みなさま

おはようございます!
今日は名言の紹介です。


どんなに悔いても過去は変わらない。

どれほど心配したところで

未来もどうなるものでもない。

いま、現在に最善を尽くすことである。

- 松下幸之助 -

 

ビジネス道徳では、

この【現在に最善を尽くす】ことを

【行動の質】

の1つとして説明しています。

 

 

自分が実現したいことを

実際に試してみて、

思い通りにいかなかったとき、

 

「僕のせいでうまくいかなかったんだ。」

「このままいくと人に迷惑をかけてしまう。どうしよう。。」

「これだったら、僕がいないほうがましだ。」

と落胆して立ち止まってしまう。

ということは、

誰しも経験があるかもしれません。

 

しかし、

松下幸之助んさんのおっしゃる通り

 

どんなに悔いても過去は変わらない。

どれほど心配したところで

未来もどうなるものでもない。

 

本当におっしゃる通りだなぁと思います。

 

もしあなたが、
行動の質を高め、現実化を
より加速させたいのであれば、

落胆する

という感情の揺さぶりを最小限にして、

すぐ次に何をするのかについて
考えていくことが大切です。

 

例えば、
失敗し、落胆していく流れを
このようにポジティブに
捉え直してみるのはいかがでしょうか。

 

「ただ、自分が思った通りには、いかなかっただけ。」

(さぁ、ここから、自分の理想に近づけるためには)

「次はどうしていこうか。」

 

変えられない過去と可能性を閉じた未来
を振り払い、
今、最善を尽くすためにできることに集中し、

ただただ、やり続ける
チャレンジし続けることが
最も現実化を早める方法だよ

ということをこの名言は教えてくださっているように
思います。

あなたは、この名言からどんな学びがありますか?

*******************************

【ビジネス道徳講座体験会】

ビジネス道徳講座では、
今回の話のように【行動の質】を高める
具体的な実践方法をお伝えしています。

○日程
8/21(火)19:30~21:30

9/15(土)13:00~15:00

○場所
渋谷区桜ヶ丘
※渋谷駅から徒歩圏内です。お申し込みいただいた方に後ほどお知らせいたします。

○参加費
3,000円

体験会のお申し込みはこちらから
https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform1.htm

ビジネス道徳講座の詳細はこちらから
http://www.biz-doutoku.nihon-biz-doutoku.or.jp/

**********************************

相手を変えたいときは?

みなさま
おはようございます!

先日ある企業様で
研修をしているときに
こんな質問がありました。

 

「後輩で、

5分前行動がなかなかできない人が

いるんです。

いつもちゃんと守るように伝えるのですが

なかなか変わらなくて、困っています。

どうしたらいいでしょうか?」

 

という質問でした。

 

 

相手の〇〇を直したい!

正したい!

そんな気持ちになることは

誰しもが持っていると思います。

 

みなさんだったらどうしますか?

 

 

 

私は、こんな質問を切り口に

会話を進めました。

 

「自分が逆の立場だったら、

どういってもらうと、

変えよう、直そう、と思いますか?」

 

「そうですね。

やさしく、話してもらえたら。。」

 

「なるほど。

やさしくって、どんな感じですか?」

 

「やさしい口調で、

どうして、5分前行動が大切なのか

それをすることでどんなメリットがあるのか?

などを説明してもらうとかですかねぇ。」

 

「ほー、説明してもらえるといいんですね。

ちなみに、今は、どんな形で伝えていますか?」

 

 

「そうですねぇ。確かに。。。今は、

説教モードですね。。できていないかも。

あとは、そもそも、説教モードで言われていると

『そんなこと言ったって5分前行動できているときもあるし』

って思ってるかもしれません。

確かに、そんな状態だと、私の話をきく気も起きませんね。。。」

 

「そっかぁ。まぁ思いがありますからね。

熱く説教モードになってしまうお気持ちもわかります。

ただ、どうせ、同じ2分、3分使って

伝えるのであれば、効果的に伝えたいですよね。

今の伝え方をよりよくしていくとしたら、

どんな風に変えていきたいですか?」

 

「そうですね。。。。。

まずは、できてるところをほめることですかね。

今は、当たり前だと思ってるので、全然ほめたり

していないです。」

 

「なるほど、それはやってみる価値があるかもですね。

確かに、人って自分を認めてもらえると

その人のアドバイスもきいてみよう!って

なっていきますよね。

ぜひやってみて、またどうなったか教えてください!」

 

「ありがとうございました!」

 

という会話でした。

この会話からみなさんが気づくことは

どんなことでしょうか?

 

ビジネス道徳では、

【思考の質】という話をしています。

例えば、

1人称は、自分のメリットだけを考えた視点

2人称は、相手だったらどう思うかを考える視点

3人称は、その2人の会話を見ている人がどう思うかを考える視点

などなど、立場を変えて考えるのも
【思考の質】を高める切り口です。

今回は、

2人称について扱っています。

相手がどう思うのか?

それは、本当に伝わる方法なのか?

ということで、具体的な

コミュニケーションの取り方について

引き出す会話をしてみました。

この視点で話すことで、

その人の思考の質を高めることができます。

 

他には、

相手を変えたい!と思うときは

自分の内在しているパターンに気づく

チャンスでもあります。

なぜ、5分前行動が大切なのか?
いつごろからそう思っているのか?
本で、読んだのか、誰かから習ったのか?
自分の経験からなのか?
5分前行動が大切だ。とおもうきっかけとなる
原体験って何なのか?

という切り口で自分自身に質問していくことで、
自分という人間の特性にも気づくことが
できます。

 

 

 

ですので、

相手を変えたい!!

と思ったときは、

一瞬立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか?

相手に配慮できる新しい視点や

自分が大切にしている自分軸が

見つかるかもしれません。

 

*******************************

【ビジネス道徳講座体験会】

ビジネス道徳講座では、
今回の話のように【思考の質】を高める
具体的な実践方法をお伝えしています。

○日程
8/21(火)19:30~21:30

9/15(土)13:00~15:00

○場所
渋谷区桜ヶ丘
※渋谷駅から徒歩圏内です。お申し込みいただいた方に後ほどお知らせいたします。

○参加費
3,000円

体験会のお申し込みはこちらから
https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform1.htm

ビジネス道徳講座の詳細はこちらから
http://www.biz-doutoku.nihon-biz-doutoku.or.jp/

**********************************

 

 

 

 

 

ピン!ときたら

みなさま

おはようございます!

ビジネス道徳で大切にしている要素の1つに

【高速PDCA】というものがあります。

 

講座では、

【思考の質】×【行動の質】=現実化

という方程式をお伝えしているのですが、

【高速PDCA】は、

その中の【行動の質】の1つです。

 

 

ちなみにPDCAはビジネスではよくきかれる

P(PLAN)・・・計画
D(DO)・・・実行
C(CHECK)・・・評価
A(ACTION)・・・改善

という意味ですね。

 

PDCAは、ある目的・目標達成のために
プランを創り(P)、実行し(D)、
それがうまくいったかを評価して(C)、
より目標に近づくために改善案を創る(A)
といったことをやっていきます。

 

このPDCAにすぐ取り掛かるという意味で
【高速PDCA】と言っています。

 

一日何万回も移り変わる意識の中で
ふっと浮かんできた情報を漏らさず、
形にしておくことが【高速PDCA】

のコツです。

以前経営者の方で

寝床にホワイトボード
3枚をベッドの3方において
寝る前や起きた時に浮かんでくる
アイディアを漏らさず書き記している。
という方がいらっしゃいました。

そして、翌日には、
間髪入れず幹部に
寝室のアイディアを
すべてシェアして
展開していきます。

これが、
【思考の質】×【行動の質】=現実化の

一つの例です。

浮かんだアイディアをメモするというのは
多くの方がやっているとおききします。

寝室にホワイトボードは極端かもしれませんが

メモ帳であったり
スマホであったり
コースターの裏だったり

思いついたアイディアを
忘れないうちにメモしておくことは
誰もがやったことがあるのでは
ないでしょうか?

そして、【高速PDCA】は
このピン!ときたことを
ピン!と来た瞬間に

仲間に連絡する。
自分で実践するスケジュールを組む

などで、形にするための
1ステップを同時に進めることです。

今の時代はとても巡りが速いですから
このスピード感に合わせて波に乗っていくことで
現実化のスピードが何倍も変わっていきます。

 

私自身も先日それを体感しました。

 

先日、今進めている
リトリート開発のMTG時に

SDGSの活動を推進させるような
ポータルサイトを創って
全国の活動を見える化できる
とみんなのお役に立ちそう!

とピン!と思いつきました。

 

すぐに、一緒に製作してくれそうなメンバーに
メッセージして、打ち合わせのスケジュールを
決めました。

 

そして思いついてから4日後、
そのメンバーとミーティングをしました。

そこでは、
SDGSの情報発信イメージを
打ち合わるだけの予定だったの
ですが、

話し始めてみると
情報発信のイメージが
明確になるだけでなく

今後のリトリート活動を
さらに
どのように広げていくかのイメージ

そして、更には、
8月上旬の多くのメンバーが集まる
機会に、そのポータルサイトのたたきが
共有できるスピード感で動けそうだ
ということになりました。

これは、
とりあえずピンと来たので
仲間と打ち合わせしよう!
とスケジュールした時には、
まったく予想していていなかった
アイディアの広がりと
スピード感でした。

 

もし、ピンときたときに、
何もしていなかったら。。。

もし、次回の定例ミーティングの時に
話してみよう。。
と先延ばしにしていたら、

このスケジュールでモノが動き出す
事はなかったかと思います。

この偶然のつながりや段取りによって
自分が思っていた以上に1ステップ
はやく進む感覚が

【高速PDCA】の効果ではないかと思います。

 

思いつく ピン! が【思考の質】であれば、
すぐスケジュールするが【行動の質】である
高速PDCAです。

この掛け算が現実化を加速させます。

 

みなさんも普段

ピン!ときたら

関係者にすぐメッセージを送る

または、

仲間とスケジュールを組む

までを実践してみてはいかがでしょうか?

現実化のスピードが
驚くほど変わることを
体験できるかもしれません。

 

 

【ビジネス道徳講座体験会】

ビジネス道徳講座では、
この【思考の質】と【行動の質】の
実践方法をお伝えしています。

○日程
8/21(火)19:30~21:30

9/15(土)13:00~15:00

○場所
渋谷区桜ヶ丘
※渋谷駅から徒歩圏内です。お申し込みいただいた方に後ほどお知らせいたします。

○参加費
3,000円

体験会のお申し込みはこちらから
https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform1.htm

ビジネス道徳講座の詳細はこちらから
http://www.biz-doutoku.nihon-biz-doutoku.or.jp/

**********************************

しあわせ組織とは?

みなさん

おはようございます!

 

最近、SONOKIという
コンサルティングチームを
創り活動をしております。

 

SONOKIのミッションは、

愛し愛される全輪駆動型しあわせ組織を増やす

です。

 

長寿企業がなぜ長く繁栄し続けるのか?

そして、

社員の幸福度が高い組織はどんな特徴を
持っているのか?何を意識しているのか?

などを調査し、

素晴らしい企業に共通する点を
独自の切り口で体系化し、

 

その企業の課題感に合った形での
アドバイスや、よりよい組織作りのための
組織開発をサポートしています。

 

 

その中の研究活動の一環として、
しあわせ組織のインタビューを行っています。

 

このインタビューは、一般的な
組織インタビューと少し観点を変えて、

社長の意識と行動
仕組み
に特化してインタビューしています。

例えば、
普段社長が経営者として、意識していることは何か?
どんな習慣をもっているのか?
どんな哲学を持っているのか?
そして、組織にどのように思いを展開しているのか?
どんな仕組みを活用しているのか?

です。

 

なぜ、このような観点で
インタビューをしているのか?

 

それは、

組織のトップの意識・行動・あり方が
組織そのものを創っている。

あるいは、

経営層 の意識・行動・あり方が
組織の風土を創っている。

と思っているからです。

 

もちろん、社長や経営層が
すべてではありませんが、

大きな影響を持っていることは
確かではないかと思います。

 

このSONOKIの仮設を検証するべく
インタビューを続けています。

 

今回は、有限会社アップライジング様を
インタビューさせていただきました。

しあわせ組織の要素がたくさーん詰まった会社です。
ぜひ、ご参考にいただければ幸いです。

有限会社アップライジング様インタビュー記事

 

***************************

■法人向けコンサルテーション
しあわせ組織をつくっていきたい法人の方は
こちら

SONOKI
http://sonoki.biz/

 

■個人向け
今の時代に合ったリーダーシップを
高めたい方はこちら

感性型リーダーシップを発揮させる
【ビジネス道徳講座体験会】

○日程
7/10(火)19:30~21:30
8/21(火)19:30~21:30

○場所
渋谷区桜ヶ丘
※渋谷駅から徒歩圏内です。お申し込みいただいた方に後ほどお知らせいたします。

○参加費
3,000円

体験会のお申し込みはこちらから
https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform1.htm

ビジネス道徳講座の詳細はこちらから
http://www.biz-doutoku.nihon-biz-doutoku.or.jp/

**********************************

感謝の効用

おはようございます!

最近は、名言から刺激された
自分の思いを発信しています♪

今日の名言は
「感謝の心が高まれば高まるほど、それに正比例して幸福感が高まっていく」
「苦労を語る前に、私はまず自分自身の幸運に感謝したい。」
(松下幸之助:パナソニック創業者)

【感謝】

というと
そもそも目に見えないものですし、
幸福になる。というような
信仰的なイメージが先行する
かもしれないのですが、

感謝って、すごく
パワフルなメンタルの安定法

という捉え方もできるかなぁと思っています。

 

先日、ある企業様のミーティングに参加
しました。数百人の社員が年に一度集まる
貴重な機会です。

そのプログラムの1つに
スタッフの働きがいのストーリーを
共有するプログラムがありました。

各部署から、自分たちの仕事の紹介
そして、働き甲斐を感じているエピソードが
動画と素敵な音楽と共に出てきました。

その動画の中で、

スタッフのみんなありがとう!
お客様ありがとうございます!
一緒にいてくれて
いつも支えてくれて
ありがとう!

という言葉が
たくさんの笑顔と共に
出てきました。

素敵なストーリもたくさんあって、
内容的にもよかったのですが、
私が気づいたのは、会場の空気感でした。

なんとなく、硬い表情だった人が
優しい表情にかわり、微笑みに代わり、
1つ1つの発表の後の拍手に
優しい気持ちのこもったものを感じました。

その動画を見ることによって、
一人ひとりに【感謝】が届き、
内側にある何かを溶かしていくような
そんな感覚です。

ありがとう!という言葉があふれてくる動画を
見るだけでそのような変化を生み出すわけですから
改めて、ありがとう!という言葉や
感謝する気持ちに触れることはとても
影響力のあるものだと実感しました。

 

 

そんな思いもあって、
最近は、実験的に、
毎日感じている、
感謝を3つ書き出して、
グループの中で共有しています。

今日も、元気に起きれてありがとう。
おいしい料理が食べれてありがとう。
お客様へサービス提供させていただいて
ありがとう。
いつも支えてくれる仲間がいてありがとう。
貴重な出会いをいただいてありがとう!
などなど

 

自分も発信することで、ありがたい。
と思う日々に意識が向きますし、

他の方のシェアをみて、そういう感謝の視点も
あるなぁ。と視野が広がります。

そして、何よりも、感謝への意識の
回数を日々増やしていくことで、
自分の心や気持ちが安定していくことを実感しています。

 

メンタルが安定していくことによって、
思考がクリアーになり、
日々の仕事への集中力が上がったり、
やりたいビジョンがあふれてきたりと、
志事にもいい影響を及ぼしています。

 

先日これを続けているグループメンバーに
どんな変化を感じていますか?
ときいたところ、

「お昼を食べているときとか、何気なく会話しているときに
自然と、ありがたいねぇ。と言っていることが増えました。」

といっていました。
毎日習慣化していくことで、自然と言葉にも
出てくるのようになるんだなぁという実感もあります。

 

日々感謝できることは、小さなものも
見ていくとたーくさん存在しています。

 

自分のために、よりよい仕事をするためにも、
小さな小さな日々1つの感謝を
見つけてみてはいかがでしょうか?

***************************

【ビジネス道徳講座体験会】

○日程
7/10(火)19:30~21:30
8/21(火)19:30~21:30

○場所
渋谷区桜ヶ丘
※渋谷駅から徒歩圏内です。お申し込みいただいた方に後ほどお知らせいたします。

○参加費
3,000円

体験会のお申し込みはこちらから
https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform1.htm

ビジネス道徳講座の詳細はこちらから
http://www.biz-doutoku.nihon-biz-doutoku.or.jp/

**********************************

 

自分を許す3つのステップとは?

おはようございます!

吉田です。

久々の投稿ですが、これから

また少しずつ、日々の気づきや

ビジネス道徳で伝えているメッセージを

アウトプットしていきたいと思います。

 

最近マザーテレサさんの数ある名言から
とっても好きな言葉があるのでご紹介します。

*************************

『あなたの中の最良のものを』

人は不合理、非論理、利己的です
気にすることなく、人を愛しなさい

あなたが善を行なうと、
利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう
気にすることなく、善を行ないなさい

目的を達しようとするとき
邪魔立てする人に出会うでしょう
気にすることなく、やり遂げなさい

善い行ないをしても、
おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなく、し続けなさい

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく正直で、誠実であり続けなさい

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう
気にすることなく、作り続けなさい

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう
気にすることなく、助け続けなさい

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい
けり返されるかもしれません
でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい

最後に振り返ると、あなたにもわかるはず
結局は、全てあなたと内なる神との間のことなのです
あなたと他の人の間であったことは一度もなかったのです

******************************

いかがでしょうか?

それぞれの経験によって、響くところが違うと思いますが

私は、特に

最後に振り返ると、あなたにもわかるはず
結局は、全てあなたと内なる神との間のことなのです
あなたと他の人の間であったことは一度もなかったのです

ここに響きます。

 

 

簡単に言いますと、

一見、人に否定される。ひどい仕打ちを受ける。
と思っているような事象は、

 

自分の深い潜在意識から表出しているものだ。

 

ということです。

マザーテレサさんの言葉の

全てあなたと内なる神との間のことなのです

内なる神=自分の内側にある潜在意識(自分では気づきにくい意識)

と変換してもらうとわかりやすいかと思います。

 

ちなみに、現象表出のステップはこんな感じです。

①自分では、気づかないが、潜在意識の中で持っている、
不安や恐れの感情がある

②それが、相手の不安や恐れの感情に響く(共鳴)する

③相手が不安や恐れの感情から生まれる言動をしてくる

 

 

簡単にいいますと

相手に、イライラして、

コラ!!

って伝えると

相手からも

何だよ!!お前だって!

というように、相手の不安な感情部分に共鳴して

相手の言動として返ってくる現象です。

 

 

 

では、

このような現象が出てきたときにどうすれば

いいのか?

ということなのですが、

 

ビジネス道徳では、

【許す】こと。と伝えています。

自分が反対されること、
ひどい仕打ちをされた
と思ったときは、

 

ゆるす

 

ということです。

 

ゆるすためのステップは3つ

 

①自分の不安や恐れの感情に気づく

なんだよ。お前だって!

と相手から怒りをぶつけられたと

思ったときは、

 

あー自分の怒りや不安の気持ちがあるんだな。

 

ということに気づく。

 

②その感情がどこから来ているのかを考える。

そんなのできるわけないだろう!

と相手からいわれたら、

そっか、自分は、できる!!と
思っているけど、
心の底では、できない。という不安も
あるんだなぁ。
なんでそう思っているんだろう。。
という感じで、考えていきます。

そうか、
自分一人でやるのは、寂しい。
できる!っていったけど、
さみしい。
って思っている部分もあるかもな。

というように
感情がある理由に気づきます。

 

③その感情に「いいね!」する。

一般的にネガティブといわれる感情は、
決して、悪いものではなく
自分を防衛するためにも
欠かせない感情です。

なので、

さみしい。。

 

と思った感情も
「いいね!」って自分の内側に伝えてあげる。

あるいは、

そんなさみしいって感情ももちろんある。

もってていいよ。

そんな風に人間味あふれる自分の感情が

あることが素敵だよ。

って自分にOKを出してあげること。

そうやって、

不安や恐れの感情を

客観的に見続けて、

 

その気持ちに、

こんな感情に気づかせてくれて
ありがとう!
持ってていいよ~
いままで気づかなくてごめんね~

という風に自分の感情に語りかけると

少しずつ、その感情が昇華されていきます。

冷たい氷の玉を
両手でやさしく包み込んであげると
少しずつ溶けていくような感覚です。

この行為を

別名
味わう。

という風にいうかもしれません。

 

誰かに否定されて、嫌な気持ちになったとき

自分がこんなにやったのに!!と

イライラしたときに

是非このステップ試してみてください♪

 

 

【ビジネス道徳講座体験会】

○日程
7/10(火)19:30~21:30
8/21(火)19:30~21:30

○場所
渋谷区桜ヶ丘
※渋谷駅から徒歩圏内です。お申し込みいただいた方に後ほどお知らせいたします。

○参加費
3,000円

体験会のお申し込みはこちらから
https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform1.htm

ビジネス道徳講座の詳細はこちらから
http://www.biz-doutoku.nihon-biz-doutoku.or.jp/

*****************************

原文はこちら

「Give the world the best you have」

People are often unreasonable, illogical, and self-centered;
Forgive them anyway.

If you are kind, People may Accuse you of Selfish, Ulterior motives;
Be kind anyway.

If you are successful,
you will win some false friends and some true enemies;
Succeed anyway.

If you are honest and frank, people may cheat you;
Be Honest and Frank anyway.
What you spend years building, someone could destroy overnight;
Build anyway.

If you find serenity and happiness, they may be jealous;
Be happy anyway.
The good you do today, people will often forget tomorrow;
Do good anyway.

Give the world the best you have,
and it may never be enough;
Give the world the best you’ve got anyway.

You see, in the final analysis,
it is between you and God;
It was never between you and them anyway.

Mother Theresa

自分軸を決める

みなさん

おはようございます!

吉田です。

 

先日は、自分軸コースの最後のセッションでした。

6回目の最後のセッションでは、

これまでの5回のセッションで

扱った内容の総まとめとして

 

「あなたの自分軸とは」

 

ということについて発表していただきます。

 

これまで受講してきた方の反応は、

大きく2つに別れます。

 

「えーー、どうしよう」

まだ決まらなーい。

と悩む方、

 

 

「そうか、おおよそヒントがつかめた気がします。」

という形で自分軸が固まってきた方

 

 

プロセスはいろいろありますが、

不思議と6回目には、しっかりと

みなさま発表していただきます。

すごい!!

 

 

発表の方法も様々で、

パワーポイントで

しっかりこれまでの宿題の流れと

情報を整理して発表する方もいれば、

 

絵本のように

短い文章で、物語風に

話す方もいれば、

 

短い文章で一言で終わる方

など

表現の形も様々で、

むしろ、その多様性を大切にしています。

 

ただ、

この自分軸コースで

1つだけこだわっていることがあります。

 

それは、

 

 

【今、この瞬間での自分軸を言葉にすることです。】

 

 

このコース修了後に

軸(言葉)が変わっても

全く問題はありません。

 

 

むしろ、軸は、未来永劫変わるものではなく

変化するものだと思っています。

 

 

では、なぜ、言葉にすることを

大切にしているのか。

 

 

それは、

ビジネス的に言えば、

判断が速くなります。

 

例えば、

自分を生きる。

という言葉を自分軸とした場合、

 

 

今の自分が考えていることは、

自分を生きているのか?

YESなら、すぐ形にする。

NOなら、別の案を考える。

 

 

今やっている行動は

自分を生きているのか?

YESなら、行動を増やしていく。

NOなら、行動を減らしていく。

 

というように、

物事を決める時の判断基準があることで

すぐ、次のアクションに移ることができます。

 

 

 

ところが、言葉がないと、

判断基準がないので、

その場の雰囲気に流されたり

人のいう事に流されてしまったりします。

 

 

 

もちろん、それがダメなわけではありません。

 

 

必要なタイミングで、必要な経験をしていますから

流される体験も貴重ですし、

周りの人のアドバイスは本当に自分の人生を

左右する貴重なものもあります。

 

ただ、私たちが、自分軸が決める理由

 

それは、

【自分が選んだ。】

という実感を増やすこと

 

この【選んだ】という

実感をより味わうためには、

今現時点でもよいので、

自分の軸というものを

決めておいた方が、

実感を得やすいと思います。

 

ちなみに、

日本の代表的な経営者である

松下幸之助さんは、

【素直】

という言葉を大切にされていたそうです。

 

きっと、松下幸之助さんも

今の言動は、

素直な考えだったのか?

素直な言葉だったのか?

素直な行動だったのか?

ときいていらっしゃったのではないでしょうか。

 

あなたが仕事を楽しむため、

人生を豊かに過ごすために

大切にしていることは何ですか?

 

【自分の軸】

 

是非今、言葉にしてみてください♪

 

それでは今日も素敵な1日を!

 

■自分軸コース 体験会お申込み

7月25日 東京

8月5日 大阪

https://48auto.biz/bizdoutoku/touroku/entryform1.htm

 

あなたのメンターとは?

みなさん

おはようございます!

吉田です。

 

先日、自分軸コースでは「メンター」についてセッションを行いました。

様々な、メンターが人生の中で登場してきたストーリを共有して

たくさんの学びがあるセッションでした

 

ちなみに、メンターとは

一般的には 仕事上、または人生の指導者、助言者(wiki)

と言われているそうです。

 

みなさんは、メンターの方はいますか?

 

いろんなビジネスの事業家や
成功哲学などでは、

 

メンターをつくるといい!

自分のステージに応じて、メンターが変わっていく!

自分が他の人のメンターになる!(与えられる人になる)

などなど、

色々な切り口で語られていますよね。

 

 

 

例えば、私にとってのメンターは

小学校のときの先生。

 

その先生は、授業中に自由に勉強したいことをしていいよ。

という反面、

人を傷つけるようなことをしたときには

5センチビンタといって

頬から5センチ離れたところからビンタされる。

という厳しい部分もありました。

 

 

今思えば、

やりたいことをとことんやろう!

でも、自分中心にしすぎるのではなく、

人は大切にしよう!ということをメリハリをつけて

教えていただいたように思います。

 

他にも、大学時代には、
JAZZドラムをプロの先生に習う事で
世の中には上の上がいる。という

計り知れない可能性を感じました。

 

社会人になったときには、

勤めていたハウスメーカーの創業者から

仕事は、楽しいもの。そして責任が伴うもの

という会社組織が存在する意味を教えていただきました。

 

今思えば、それぞれの方が、自分の成長のステージに

併せて、サポートしてくださっていたのだと思います。

本当にありがたいです。

 

 

あなたにもそういうメンターの方っていらっしゃいますよね。

 

 

もちろん、

自分にとっていい示唆を与えてくれるメンター

もいれば

反面教師になるようなメンター

もいますよね

「自分だったら、そうしない。」と心の中でつぶやいてしまう

パターンです。(笑)

 

 

でも、視点を変えてみれば、反面教師の時も

自分は、そうではない。

という立ち位置を明確にしてくれる。

大切なメンターです。

 

 

人間は、感情が動いた記憶はよく覚えていますから、

象徴的なメンターといえば、すぐに思い出すことが

できるかもしれません。

 

 

ただ、もう少し微細に物事を見てみると

どうでしょうか?

 

 

毎日の自分を観察してみると

私たちは、ある特定の、メンターの影響だけではなく、
日々の中で

いろんな人やモノに影響を受けています。

 

ブログのメッセージから影響を受けて価値観が変わった

普段の仕事の会話の中でアイディアが生まれて、視野が増えた

TVでオリンピック選手の発言を聞いて、はっとした。

電車の中で席を譲っている人を見て、自分もそうであろうと思った。

など

 

日頃の自分のものの見方、考え方を

毎日積み上げ、更新して、

今の自分が出来上がっているように思います。

 

実はメンターというと、印象的な特徴的な人やモノだけに

フォーカスされがちですが、

 

人生をもう少し微細にみていくと、

目の前に現れる人、モノは、みんな、少しずつ

小さいメッセージをあたえてくれているメンターなのではないかと

思います。

 

 

そう思い始めると

周りが楽しく見えてきます。

 

 

仕事で、仲間と話すときは、

まるで、俳優さんがセリフ付きで

演じてくれているように

自分の成長ために示唆をくれている。

と思うようになります。

 

 

それは、

ほめられるときも

叱られるときも

笑顔で話をしてくれるときも

いつも感じるようになります。

 

たとえ、

セリフがなくても、

 

空を見上げれば、

今日も変わらず地球が

あり続けていること

道端に彩をそえている花

電車の中で抱っこされた赤ちゃんの笑顔

広告の中のメッセージ

など

 

最終的に目の前に見ているもの感じているもの、

みんなメンターでは?

と思っている今日この頃です。

 

あなたは、今日、どんなメンターを見つけますか?

 

■自分軸コース

東京 体験会 7月25日 19:30~21:30(渋谷)

大阪 体験会 7月1日 15:00~16:30(吹田)

大阪 体験会 8月5日 11:00~12:30(吹田)

お申込みはこちらから

http://www.jibunjiku.nihon-biz-doutoku.or.jp/

 

 

思考の終わり方

みなさん

 

おはようございます!
吉田です。

 

突然ですが、

みなさんは、

「奇跡のレッスン」

という番組はご存知でしょうか?

 

 

世界トップクラスの指導者が

日本の子どもたちに1週間指導して、

その子供たちの変化を

ドキュメンタリーにした番組です。

http://www4.nhk.or.jp/wonderlesson/

 

 

先日、タイガーウッズを幼少期から指導してきた、

ルディ・デュランさんが、

公立中学のゴルフ部で、1週間指導を行った様子が

番組になっていました。

 

 

普段、部下育成などのコーチもさせていただいているので

このような番組は大好きです(笑)

 

 

色々なすばらしい指導ポイントがあったのですが、

1つ印象に残ったのが、

 

【いい記憶のライブラリー】

 

という小さいノートに

うまくいったことだけを書くというワークです。

 

 

普段、自分の悪い所だけに

目が向きがちだった子どもたちが、

1週間をかけて少しずつ

自分のよいところに目を向け、

自信をつけていく姿が映し出されていました。

 

自分のダメなところしか見つからなかった子も

【ダメなところ+改善点】

という形で、ノートにかくことで、

徐々にいい所に目を向け始めていきます。

 

そして、最終的には、たった1週間で、

1打1打に、変化が見え始め、

ショットの精度が上がる

スコアが良くなる

という結果につながっていきます。

 

 

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

たくさんの要因があるとは思いますが、

個人的には、下記のようなプロセスを

たどった結果が大きな要因なように思います。

 

 

1.自分がいいショットを打てた印象を持つ

2.次もいいショットが打てるイメージができる

3.そのイメージが現実化する。

というプロセスです。

 

以前、パラレルワールドの話をしましたが、

自分がどのようなイメージを持つかで、

少し先の未来が創られていきます。

<参考>
http://nihon-biz-doutoku.or.jp/blog/2017/04/24/パラレルワールドとは?/

 

 

ルディさんは、番組の中で、

 

「自分のショットがよかった」

 

というイメージが持てているかどうかを大切にしていました。

 

カップに近づいたか、カップに入ったのか?

という結果だけではなく、

 

カップに近づかなったとしても、

力を抜いて打つ。

このクラブで半分の力で打つ。

など、自分の決めたイメージ通り

できたのか。

 

そういう意味で、まあまあよかった。

と自分の行動を否定しないことで、

どんなプレーでも

よいイメージを創っていました。

 

 

2006年に話題になった

「ザ・シークレット」

などで示されているように、

 

【思考は現実化する】といわれています。

 

ここで大切なのは、思考が終わった時の

イメージです。

 

よいイメージを持つとよいイメージが現実化する

悪いイメージを持つと悪いイメージが現実化する

 

どちらも、イメージしたこと思考したことが

現実化していきます。

 

自分の潜在意識の中にある、

ネガティブに意識が向くのか

ポジティブに意識が向くのか

で、未来に引き寄せる状態が変わってくるわけです。

 

潜在意識の中にも陰陽とよばれるように

ポジティブもネガティブも存在していますし、

その存在があるからこそバランスが取れています。

 

ですので、潜在意識の中の

どこに意識を向けるかが

大切になってきます。

 

 

では、この思考法をゴルフではなく、

ビジネスで捉えるとどうでしょうか?

 

 

ルディーさんのやり方を応用するのであれば、

自分の仕事ぶりでどんないいところがあるかを

書いてみるといいかもしれません。

 

 

仕事の中でちょっとでもいいことがあれば、

その記憶をノートに書く

 

営業の仕事であれば、

契約がとれた。

とれなかった。

という結果だけで判断するのではなく、

 

 

そのプロセスに注目します。

そもそもアポイントで電話がつながった。

お客様に合って、ニーズがきけた。

見積もりを受け取ってくれた。

など

 

結果の前のプロセスを

まずは、良かったとすることで

自分の行動をポジティブなイメージで

終わらせることができます。

 

もし、それが最終的に結果につながらなかったとしたら

【ダメなところ+改善点】としてノートに書いておくと

その経験がポジティブな思考で終わり、

結果、よりよい行動、よりよい未来に

つながってきます。

 

ポジティブなマインドセットを繰り返すことで

仕事の質が上がり、行動量が増え

よりよい結果に繋がってくるのかもしれませんね。

 

ルディーさんから

【思考の大切さ】を

改めて教えて頂いたように思います。

 

今日も素敵な1日を♪

 

 

<<自分軸コースのご案内はこちら>>

7月から東京クラス
はじまります。
http://www.jibunjiku.nihon-biz-doutoku.or.jp/

 

 

 

 

 

パラレルワールドとは?

みなさま

おはようございます!

 

今日のテーマは、

パラレルワールドです。

 

パラレルワールドとは、

同時進行で進んでる別の世界(時空)

といわれているようです。

 

 

昨年大ヒットした映画の

「君の名は」

でも話題になりましたよね。

 

 

 

私は、物理の世界は詳しくわかりませんが

量子物理学的にも検証されている分野の

ようです。

 

 

個人的な体験ですと

パラレルワールドとは、

日々創造している世界だと思います。

 

例えば、仕事の打ち合わせで、

 

もし、ここで、やってください。と

はっきり言ってしまったら怒らせてしまうなぁ。

 

もし、ここで、きっぱり断ったら

嫌な人にうつってしまうかもなぁ。

 

もし、ここで、決断すれば、

新しい出会いが広がっていくかもなぁ

 

 

って、

軽く未来を創造していたりしますよね。

これって、選択肢の数だけ

ほぼ同時に未来を描いているので、
パラレルワールドなんだなと思います。

 

そうやって考えると、

日々の生活の中で

自分が思い浮かべる選択肢の数だけ

パラレルワールドが存在している

わけです。

 

 

では、

自分の人生をより豊かなものにしていくためには、

どんなパラレルワールドを選択していくのが

よいのでしょうか?

 

 

私自身が意識していることは2つです。

 

それは、

描く未来が

 

ワクワクするか

心地よいのか

 

ということ。

この2点で描くワールドを

選択するようにしています。

 

 

 

先日、ある組織のリーダーから相談がありました。

 

Aさん:「コアメンバーの中に、組織を疲弊させていく

メンバーがいるんです。

いつも周りのせいばかりにしているので、

周りを否定して、部下を疲弊させていくんですよね。」

 

私:「そうなんですねぇ。
そのままほっておくとどうなるんですか?」

 

Aさん:「うーん、だんだん組織が悪くなってくるでしょうね。」

 

私:「なるほど、ちなみに、今まで、
そのことを本人に伝えたことはありますか?」

 

Aさん:「えーないですよ。

もし、そんなこといったら、怒りだしちゃいますよ。」

 

私:「でも、伝えたことないのですよね。」

 

Aさん:「まぁ、そうですけど・・」

 

私:「じゃあ、違う未来を描きましょうよ。

もし、伝えることで、よりよい関係性を

築けるとしたら、どんな伝え方があると思いますか?

本当は、どう伝えるのがAさんにとって心地よいですか?

または、ワクワクしますか?」

 

Aさん:「えーー、ワクワクなんてしませんよ(笑)」

 

私:「じゃあ、どちらかというと心地よくしていくためには?」

 

Aさん:「そうですね。。。。。。

心地よく。。。。。。。

んんん。。。。。。。。

もし、自分だったら、

あなたのスタンスも分かるよって、理解してもらえたら

歩み寄ってみようって思うかもですね。」

 

私:「それから、それから?」

 

Aさん:「んん、歩み寄れたら、何かは変わる気がします。」

 

私:「それって、具体的に何が変わっていくんですか?」

 

Aさん:「んん、ちょっとは、話しやすくなるとか。ですかね。」

 

私:「言わないままのAさんと、寄り添うAさん
どっちの方が心地よいですか?
けっして、無理に寄り添う必要もないと思うのですが・・」

 

Aさん:「んんん、長い目で見ると、寄り添っていったほうが
いいですね。

たしかに、直接伝えるという事を
やってみたことはないので、どんな反応になるか
試してみたいところはあります。」

 

私:「では、ぜひぜひやってみください♪
ちょっと勇気がいるかもですが・・」

 

Aさん:「そうですね。勇気いりますね。
でも、わかるよ。って伝えるだけであれば
やってみようかなと思います。」

私:「そうですか。では、是非やってみてください。」

Aさん:「ありがとうございました!」

 

私たちは、こんな感じで、日々、

パラレルワールドを創造しながら

生きているのではないかと思います。

 

不安の先にあるワールドを選ぶのか、

ワクワクや心地よさのワールドを選ぶのか

それは、私たち自身の選択にゆだねられています。

 

そして、その中でも

ワクワクや心地よいというワールドを

選ぶのは、ちょっと勇気のいることかも

しれません。

 

なんせやったことがないものもありますから。

 

ただ、この日々の積み重ねが

可能性しかない未来

を創るのではないかなぁと思います。

 

あなたは、

今日どんなパラレルワールドを描きますか?

 

一緒に輝かしいワールドを描いていきましょう!!

今日も素敵な1日を♪

じぶん大学 年4回の特別コース

大和会~感性と季節~

4月28日19時~

http://jibundaigaku-yamato.strikingly.com/

 

 

1 / 2ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén