ビジネス道徳大阪事務局の澤田です!

 

ビジネス道徳コーチングスキルセミナー1期。

今日もたくさん笑ってたくさん学んだ3時間でした。

 

4人組の質問ゲームでは

笑いすぎて涙が出ておなかが痛くなるくらいでした。

 

本日のテーマは質問について。

 

「質問」には

「自分のためのもの」と「相手のためのもの」があり

コーチは「相手」のために質問する。

 

「そんなこと考えたことなかったです」というような質問で

相手の新しい思考回路を開く。

 

「沈黙」について考える哲学的な場面も。

沈黙を長いと感じるのはいつからか。

沈黙を作った人はどんな行動をとるのか。

沈黙は、観察の時間・考える時間

耐えられる沈黙・耐えられない沈黙

 

次回も楽しみです!

2期は1月スタート!現在募集中です。
(大阪事務局澤田までm-sawada@nihon-biz-doutoku.or.jp

 

前回第2講の様子↓

15060429_565078320350326_258177091_o

感想抜粋

  • どんな質問の言葉がいいのか自分の中で難しいと感じていましたが、相手の方とのコーチングプロセスで、聞きたい気持ちと相手の気持ちに寄り添いながら(かなえたい気持ち?)ゴールを考えながら引っ張れた感触がありました!!
  • 実際に自分がコーチングをする&受ける&フィードバックをもらうのが何よりも収穫ありでした。楽しかった!!
  • 新たな視点を教えていただきありがとうございました。
  • 聞くことに対して視点をもって聞くだけでもとらえ方が違うことを学びました。
  • 表面的ではなく深いメッセージを受け取ることができるかなと思います。
  • 単語を拾って具体的にしていくこと、どんどん話してもらうことが大切だと思いました。
  • 観察のための沈黙というのが、自分には全くない視点でなるほどと思いました。
  • 自分が思っている以上に相手はオートクラインで自分自身で良くなろう、うまくいく改善策をもっているんだと気付いた。相手を信じて聞くことの大切さを学んだ。