こんばんは!

事務局の大塚です。

 

突然ですが、酉の市って知っていますか?

 

酉の市とは、

日本各地の鷲神社や大鳥神社など、

鳥にちなんだ寺社で毎年11月の酉の日に行われる年間行事です。

縁起物がたくさんついた縁起熊手が名物で、

新年の開運招福、商売繁盛を願うお祭りとして親しまれています。

 

酉の市は11月の酉の日に行われ、

酉の日は12日ごとに巡ってくるので、

11月に3度行われる年もあり、

1度目を「一の酉」、

2度目を「二の酉」、

3度目を「三の酉」といいます。

 

今年は、

11月11日(金)が一の酉、

11月23日(水・祝)が二の酉です。

 

ということで、

先週11月11日(金)に、

酉の市の発祥の地とされ、

天日鷲命(あめのひわしのみこと)日本武尊(やまとたけるのみこと)を

お祀りした鷲神社へ行っていきました!

image1-4

最寄駅の日比谷線入谷駅からたくさんの人、人、人!

屋台も沢山並び、まさにお祭り!!

 

そして、

鷲神社の入り口には50m以上の行列!!

image2

予想以上の盛況ぶりでした!!

 

そして、、、

残念ながら、

この日はこの後に予定があったので、

中へ入る前に泣く泣く鷲神社を後にしました?

 

ですが、

諦めきれないので、

次回の二の酉の11月23日(水・祝)の早朝に

リベンジしてこようと思います!!

 

ちなみに、

昨年はこんな様子だったようです。

沢山の熊手屋さんが並び、

手締めを行っている様子が見られますね。

 

縁起物の熊手を購入する時は、

熊手屋さんとお客さんとの駆け引きがあり、

値切った分だけ「ご祝儀」として店においてくるのが

粋な熊手の買い方だそうです。

実質熊手屋さんの言い値で買ったことにはなりますが、

お客様はご祝儀を出してちょっとした大名気分を味わい、

熊手屋さんはご祝儀を頂いてより儲かった気分を味わうのです。

その後、商いの成立を意味する手締め(手終い)を行い、

御家庭・会社の弥栄えをお祈り致します。

 

とっても粋な買い方ですよね!!

 

熊手は、小さい物は、1,000円から、

大きな物では何十万円もする熊手があるそうですが、

売れ筋は20,000円~50,000円位らしいです。

 

ただ、最初は小さい物から、

その会社・世帯の繁栄に併せて徐々に熊手も大きくするといわれています。

なので、始めは小さい物を買わないと大変そうですね。

 

皆さんも、

11月23日(水・祝)に

酉の市に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

日本の粋な風情を楽しめること、

間違いなしです!!